終活は相続対象となる不動産の整理から

終活は、自分の生活を整理する事から始まります。自分の生活の中でも大切なのが資産です。金融資産と不動産が主な資産になります。いずれも相続の対象となります。
相続の対象となる資産の中でも、終活で慎重に行う必要があるのが不動産です。不動産は権利の問題があるためです。未登記のものや固定資産税が非課税のもの、名義書き換えをしていない不動産の有無についても確認することが欠かせません。また、不動産については、不動産業者に査定を依頼して、時価を把握しておくことも必要です。
終活は生前の遺産分割という側面もあります。資産については、相続トラブルを生まないように遺言という手段を用いて、適切な配分をあらかじめ決めておきましょう。遺言には、「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」などの形式があります。法的な効力を担保するには、公正証書遺言が適当です。
終活は相続税対策というイメージが定着しかけていますが、最も大切なのは自分が死を迎えるまでの生活をより良いものにすることです。自分の残りの人生が窮屈なものになってしまっては、終活の意味は薄れます。まずは自分に必要な資産を確保する事から始めましょう。