私の終活や相続に対する思い入れについて

私が老後の人生を考えた時に終活で実践したい内容としましては、妻や子供達のための財産分与の話しもそうであるのですが、自分のための終活における旅と言う形での全国の転勤族であった私であるからこそ、各地域を転々として、数年単位で生活した日本中の地域について、その当時の生活を思い起こすような形での終活プランの中での国内に居住した箇所の旅行を展開して行きたいと考えております。それは豪華列車で行く旅でも良いのですが、やはり各地域で旅の旅館を手配するような形でゆっくり回って行きたいと考えております。終活は、決して財産分与だけでなく、国内で一度は旅行に行くべき人生において一度は訪れたい場所と言う形で紹介されている施設やスポット等がありますが、そう行った場所で終活で最後の旅行と言う形で行くのも、自分自身が悔いなき人生を終えることに繋がると思うのです。やはり自分の価値観は自分自身でしか分からない形となりますので、分け与えることだけを考えるのが終活ではなく自分自身のために行動することも終活であると考えて良いと思います。