終活ってそもそも何をしたらいいの?

PR|赤穂市で離婚をお考えならご相談ください

「終活」とは人生のまとめの時期に入った時、自らの来し方行く末に思いを馳せ、思い出や身の回りを整理していくことを言います。終活をすることによって、最終盤の人生を充実させることと、亡くなった後に家族が困らないようすることができます。例えば「葬儀は故郷である寝屋川で家族葬にしてほしい」や、遺骨の処分方法の指定など、葬儀についての意思表示があるだけでも残された家族にとっては葬儀について悩む時間が減るものです。私の父は生前に神奈川県にある遺品整理の業者さんに見積依頼したり、倉敷市で墓石を自身で準備しており、驚いたものでした。

自分自身のための終活

あなたは人生でやり残したことはありますか?
オーストラリアのホスピスの看護師ブロニーウェアが「死ぬ瞬間の5つの後悔」をまとめています。
1位「もっと自分に正直に、自分が望むように生きるべきだった」
2位「あんなにがむしゃらに働かなくてもよかった(もっと家族と過ごせばよかった)」
3位「もっと自分の感情を表に出すべきだった」
4位「もっと友達を大事にすればよかった」
5位「自分をもっと幸せにしてもよかった」
亡くなる直前にこのような後悔をせずに済むように、これまでの生活を振り返り、残りの人生を有意義に過ごすために、生き方の方向転換を行うことが「自分自身のための終活」です。

遺される人のための終活

身近な人が年を取り衰え、そして亡くなるということは家族にとって、悲しいことです。
同時に、その人の代わりに、様々な手続きをしたり、重要な選択をしたりしなければならない事態も招きます。例えばあなたが病気や事故で意思表示をできなくなった時、親族はあなたの代わりに「痛くても治る見込みが高くはない治療をするか、しないか」を決めなければなりません。あなたが死んでしまった後にも「お葬式に誰を呼んで、誰を呼ばないのか」など、決めなければなりません。まだまだ親族が決めなければならないことはたくさんあります。親族の間で意見が異なった時には、思わぬ争いに発展することもあります。様々な手続きをするにも、印鑑や通帳、書類のありかが分からなければ困ってしまいます。
相続に関する手続きは、想像以上に大変です。私自身も手続きに困り、姫路市の弁護士に相続について相談しました。相続人が後から判明することもあります。相続の手続きが終わった後、親族同士の関係に亀裂が入ってしまうこともあるのです。
あなたの意志意思を明確にし、関係者と物の在処をはっきりさせておくことが「残される人のための終活」です。あなたの意志意思をはっきりさせておくことで、不要な争いを避けることができるのです。そして手続きは、自分で準備するのであれば自分自身のことなのでさほど手間はかかりません。けれど親族の負担は大幅に減るのです。

女性向けエステ.com|AGAでお悩み解決|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|マーケティング経営研究.net|生命保険の選び方|美容と健康女性ランキング|生命保険の選び方|マッサージのリアル口コミ.com|ゴミ屋敷解消Q&A|会社経営に必要な知恵袋|