相続は終活のなかでもっとも大切なことです

相続は終活の中でもっとも大切なことです。生きているうちは父、母が行ってきたことは本人にしかわかりません。子供が生まれる前に父、母がもしも他に子供がいたなんてことが分かったら大変です。そんなことが普通にあるのが相続の問題です。自分の残してきたものをどう分けるかは遺族がおこないますが、そこで隠し子がいたなんて分かったら、隠し子を交えて相続をやり直さなくてはいけません。戸籍謄本をみて初めてわかるケースは遺族にとってはたまったものではありません。ですので、遺族もそのあたりを考えて事前に行動をするのがいいでしょう。
まずは、父、母の戸籍謄本を取得します。そこでどこかに子供がいるかが分かります。いたときには遺産を少しずつ分配していきます。預貯金は他の人の口座に移します。株は名義変更をしたり、売却をします。土地については名義変更は贈与税がかかりますので、死後でもいいでしょう。ただし、その分のお金についてはどこかにおいておくのがお勧めです。土地は分割できませんので、お金として渡せるようにします。
ゴルフ会員権などの金融資産となるものもなるべく早期に名義変更をします。亡くなったときに預貯金がほとんどない。名義が故人として残っていないようにします。